全国版健康雑誌「ことぶき」より

ことぶき

2021 ことぶき12月号 介護をした人にしか語れないことがある

ことぶき12ことぶき本文

2121ことぶき12月号pdf版

全国版健康情報誌「ことぶき」(寿出版株式会社)の12月号 店頭から「こんにちは」のページに連載第120回目が掲載されました。毎月掲載されて丸10年となりました。題名は「介護をした人にしか語れないことがある」です。一人暮らしをしていた高齢のお母さんと同居して初めてわかったお母さんの本当の姿、一人でどんな暮らしをしていたのか? また、信じられないくらいの大きな耳垢で耳穴が詰まり、テレビの音声が最大にならないと聞こえないという老人。一緒にいないと分からない出来事も・・・・と続きます。

2021 ことぶき11月号 日本古来の発酵食品を意識的にとろう

11月号表紙11月本文

ことぶき11月号pdf版

全国版健康情報誌「ことぶき」(寿出版株式会社)の11月号 店頭から「こんにちは」のページに連載第119回目が掲載されました。題名は「日本古来の発酵食品を意識的にとろう」です。自分の腸内細菌叢(腸内フローラ)を測定する機会がありました。その結果は、虚弱体質の私でも総合判定はAでした。野菜が好きなのと、ぬか漬けの漬け物を好んで食べるのも影響しているのでしょうか。

2021 ことぶき10月号 ビジョンは地元の人が長く健康なこと

10月表紙10月本文

ことぶき10月号pdf版

全国版健康情報誌「ことぶき」(寿出版株式会社)の10月号 店頭から「こんにちは」のページに連載第118回目が掲載されました。題名は「ビジョンは地元の人が長く健康なこと」です。10年ほど前に筑波大学の指導で「転倒・寝たきり予防」が目的のプログラムを実施。その時習得した運動指導がコロナ禍の運動不足解消の指導に役立っています。3年前には「物忘れ・認知症予防」を目的としてカイコ冬虫夏草の有効性を探索するヒト介入試験を実施。その成果がアメリカの学会誌に掲載された・・・・と続きます。

2021 ことぶき9月号 症状の内容を理解できれば楽しい毎日に

9月号表紙9月号本文

ことぶき9月号pdf版

全国版健康情報誌「ことぶき」(寿出版株式会社)の9月号 店頭から「こんにちは」のページに連載第117回目が掲載されました。題名は「症状の内容を理解できれば楽しい毎日に」です。
一人暮らしの女性が台所で夕食の準備をしていると、突然に頭の中が白くなって 心臓あたりがドキドキしてフウッとなりました。心房細動があると言われたり、脳のMRIでは動脈瘤が見つかったり。でも、原因はそれではなく、めまいの一種とわかり安心しましたと続きます。

2021 ことぶき8月号 安心したとき吐き気をもよおす場合

8月表紙8月本文

ことぶき8月号pdf版

全国版健康情報誌「ことぶき」(寿出版株式会社)の8月号 店頭から「こんにちは」のページに連載第116回目が掲載されました。題名は「安心したとき吐き気をもよおす場合」です。
偏頭痛持ちの体質で疲労が重なり、花粉症で鼻がグズグズ、低気圧が近づき天気が悪い週末。こんな時に偏頭痛がよく出ます。吐き気がしたり閃輝暗点が出たりで、わかってくれる人がいて
うれしかったという言葉を残して帰られました・・・・と続きます。

 

2021 ことぶき7月号 自然と食べものの交換をし合う仲に 

7月表紙7月本文

ことぶき7月号pdf版

全国版健康情報誌「ことぶき」(寿出版株式会社)の7月号 店頭から「こんにちは」のページに連載第115回目が掲載されました。題名は「自然と食べものの交換をし合う仲に」です。80歳代の男性のアクセルとブレーキの踏み間違えで突っ込まれ、九死に一生を得たというお話しと、80歳代の女性が自主的に運転免許の返納をした時から、配達をしてあげるようになってすっかり頼られるようになったというお話しです。