地元の小学2年生が「町たんけん」にやってきた

町たんけん

今年も地元の小学2年生が「町たんけん」にやってきました。例年のように薬は何種類くらいあるのですかというような質問を受けた後、乳糖を使って秤量、乳鉢乳棒で微細化、分包紙で包むという実習をさせてあげました。今年は4つのグループが訪問。毎年増えていくなあ。

京料理は目からも味わう

ちもと1ちもと2

京都先斗町の有名な料亭、斜め向かいにリーズナブルなお店も出している。夜はとても行けそうにない(予算的に)のでランチを。カウンターで隣にいた若者は、品数の多いのを注文したようで、次から次から出てくる京料理に目を白黒。英語で聞いたら香港から来たとか。京都を楽しんで帰ってくれたかな? お酒は月桂冠を熱燗で。

京都でフレンチ

カウンターでスープ

1月におじゃましたフレンチレストラン。私たちのことを覚えていてくれて感激。料理に感激。春菊のスープにはキクイモと菊の花びらが。オーナーシェフにお見送りまでしてもらって最後まで感激でした。また行きたい!

京の街並み

町並み1町並み2鴨川をどり

連休に京都へ行って来ました。ちょうど鴨川をどりをやっていましたが演劇鑑賞の時間はなく断念しました。街の中を歩いているといろいろ発見がありました。京都の老舗旅館や老舗の京菓子屋。町並みもこの辺りは昔とあまり変わっていないようです。

京都迎賓館の試験公開に行って来ました

 

全景迎賓館障子の下

迎賓館和室迎賓館広間

京都の迎賓館の試験公開に行って来ました。朝8時40分に整理券をもらうために並びましたが、すでに1000人以上並んでいました。本日入館できるのは3000人。私たちの後は9時15分で締め切り、最後尾の看板が立ちました。整理券をもらえたのは10時過ぎで入館時間は午後4時から5時。夕方中に入ってみると、日本の建築、伝統工芸美術をくまなく使用した造り。しかも技術を継承するため、すべて京都の職人さんが関わっているとか。大広間の刺繍も圧巻でした。最後にアンケートを書いて、今後の一般公開の参考にするそうです。

ひな祭りのチラシ寿司

チラシ寿司

「​明かりをつけましょぼんぼりに」ということで、おひな祭りの定番「ちらし寿司と甘酒」を作りました。遊びに来た人にはご馳走しますよ!

京都のフランス料理屋さん

フランス料理

フランス人が古都京都でフランス料理店をやっていて予約もなかなか取れないというレストランに行ってみました。外観は京都の町屋、絶対にフランス料理屋さんには見えません。最初の前菜がこれ。大きな蓋がついていて、「蓋をお取り下さい」と食材と流ちょうな日本語で料理の説明が始まる。彩りあざやか。3種のカブを使った料理。目と耳と味覚と五感全て使って楽しめました。

京都花月で吉本新喜劇を観劇して感激

吉本

吉本の劇場は全国にあちこちありますが、京都祇園にも京都花月というのがあり、前半は漫才や落語、後半は吉本新喜劇が上演されています。上手な人はピカイチ光っていますね。喜劇終わって観客席から5名舞台に上がり、左端のばあさん役の役者さんのひとことで5人いっせいにズッコケをやるイベント。静岡や広島から吉本を見に来るだけあって、素人さんのズッコケも上手でした。このシーンだけ撮影OKでした。

台湾台北市の薬局見学に行ってきました

台湾の薬局

正月休みに台湾台北市内の漢方専門薬局を訪問。同業だと名乗って見学させてもらいました。250g入り?のボトルでエキス剤が並んでいました。このまま販売するのでしょうね?奥からオーナーが出てきたので記念撮影も。看板に真っ赤な朝鮮人参。店員さんに英語で見学を申し入れたらよくわからない様子でしたが、オーナーは英語がわかり快く見学させて下さいました。

暖かい大晦日

シクラメン

暖かい大晦日となりました。スキー場も少し前の寒波で雪が積もり雪なしお正月という最悪の事態は免れたようですがまだまだ雪不足。山だけいっぱい積もってくれればいいのですが。