京都の料理屋さんでランチ

ちもと宝楽玉子

京都の老舗の料亭がランチを出している。予約をしないとまず座れないので1ヶ月ほど前に予約。熱燗の月桂冠を飲みながら、本日の点心御献立の一品一品を確かめながらいただく。このうつわに見事に献立の料理が詰まっている。味付けも全て別々に仕上げてあるのは見事です。定番の宝楽玉子。パイ生地じゃないけどスプーンで柔らかい皮?ごといただくと中にはゆり根の入った茶碗蒸しのような玉子が現れる。竹の子ご飯はお代わりもできるようだが遠慮しました。この後、わらび餅の水物もいただき、大満足でした。

奈良の酒蔵「春鹿」で試飲する人は若い人が多かった

春鹿試飲

4193の知人が奈良の酒蔵にいるので、京都から近鉄奈良線に乗って1時間。場所は奈良ホテルのすぐ近く。ぐい飲みグラスを500円で購入すると数種類の瓶に詰めたてのお酒を飲ませてくれます。4月に仙台でのんだ春鹿の超辛口と、ここで試飲させてもらった超辛口が同じお酒だと思えないくらい味が違った。理由を尋ねたら、ここのはビン詰めして2~3日だからでしょうという返事。ビン詰めしてから美味しく変化するのを熟成するといい、美味しくなくなるのを劣化したというそうな。なるほどとうなづきながら、いろんな種類の四合瓶のお酒を数本買って送ってもらうことにしました。

キモノの柄のケーキ

cake

京都の新しいケーキ屋さんCACOTO(菓子古都という意)に行ってきました。一見和菓子のようなケーキ。8種類の味のケーキにホワイトチョコがコーディングされています。上には京都らしく着物の柄のデザインが。見て楽しんで、食べて楽しんで、一口で2度楽しめます。ちなみに冷蔵庫から出して室温にしばらく置いておくと食べやすいようです。店舗には外国人のお客様もいて、さすが国際都市。外国の人に好まれそう。でも、国外へは持って行けそうにないですね。

購入先は、京都市下京区東洞院松原下ル大江町553-5 075-351-2946

寒紅梅という純米大吟醸

寒紅梅

仙台の料理屋さんでごちそうになった寒紅梅という純米大吟醸、三重県のお酒ですが伊勢志摩サミットがあったときに出されたお酒というのは、大阪の料理屋で食事したときに聞いていました。それをまさか仙台でいたたけるとは夢にも思いませんでした。地元産の白魚のお寿司とともに・・・・。

月山ブナ林の写真をいただきました

ブナ林

 

山形の月山のブナ林で撮影会があり、その時撮影したブナがコンテストに推薦になったという作品をいただきました。私がいつも月山に登って山野草の花の写真を撮ったりブナ林の残雪を撮ったりしているのをご存じだったようで、こんな素晴らしい写真が撮れるなんてスゴイですね。この時は雨が降っていたとのこと。

今年もサンタがやってきました

サンタ

今年もI嬢からメッセージを持ったサンタが届きました。デジタル一眼レフ望遠レンズでかなり離れたところから撮影してみました。バックはマンションのように見えますが、薬棚なんですよ。

新宿へ出張に行ったついでに

世界堂

東京に出張に来た機会にと、先日NHKのドキュメント72時間に登場した画材店世界堂に行ってみました。1階は普通の事務用品のみ、ところが上の階に行くと見たこともないような画材がすごい数。珍しくて時間が経つのも忘れるほど。また次回も行ってみよう。

ストロボを2台使って撮影してみました

バラバラと水滴

2台のストロボを使ってバラの花を撮影してみました。1台目のストロボはバラの後からバラに向けて発光。もう1台のストロボは手持ちでバラの真上から発光。絞りはF22まで絞ってバックを暗くします。右の写真はディスペンサーで水を拭きかけ、水滴にピントを合わせ撮影してみました。

ミシュランの調査員?

img_10941

先日、ある料理屋さんで夕食を楽しんでいたら、同じカウンターに一人で食事していた男性、料理が出されるたびに食材などを熱心に聞いていた。スマホで写真も必ず撮っていて、お椀物の写真を撮るとき湯気を手で払ってから撮影するという念の入れよう。きっとグルメ雑誌の人かグルメHPの人だと思いながら、親方と楽しく話しながら獺祭を飲んでいました。その男性が会計をすませたのに親方としばらく話していた。後で親方から「ミシュランの編集部の人だった」とのこと。何日か前、女性二人で事前調査、そして今日本番? 「スタッフはしばらく変わりませんか?」と念を押していったそうな。この店がミシュランの星をもらったら混雑しすぎて予約できなくなるかもしれないというよけいな心配をしながらもとても嬉しかった!